FC2ブログ

茶色の朝を迎えないために〜blog版

思考停止しないで考え続けたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ロイター呆れて世界配信

たまに記事を書かないと広告がすごいので、約半年ぶりの新記事投稿
と言っても本館に書いた内容とほとんど同じですが。。


2015年9月30日放送のTBSラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ」内でジャーナリストの北丸雄二さんが、安倍首相がアメリカでの内外記者会見で無茶苦茶な受け答えをしたというのを紹介されていました。

曰く、『ロイターが呆れて世界配信しちゃった』

どんなやり取りだったのか?政府インターネットテレビでそのものズバリの動画がありましたので、該当する部分を文字に起こしてみました。
シリア難民の日本での受け入れについて問われた安倍首相の答えは


そして、今回の難民に対する対応の問題であります。これはまさに国際社会で連携して取り組まなければいけない課題であろうと思います。
人口問題として申し上げればですね、我々は、いわば、移民を受け入れるよりも前にやるべきことがある。それは、女性の活躍であり、あるいは高齢者の活躍であり、そして出生率を上げていくにはまだまだ打つべき手があるということでもあります。
同時に、この難民の問題についてはですね、日本は日本としての責任を果たしていきたいと考えておりまして、それはまさに難民を生み出す土壌そのものをですね、変えていく為に日本としては貢献をしていきたいと考えております。

政府インターネットテレビ(http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg12412.html?t=103)

これを聞いた人の多くは頭にいくつも「?」が浮かんだのではないでしょうか。
『国際社会で連携して取り組む』と言った直後に『人口問題』になり『出生率を上げるのが先』という話までぶっ飛んだかと思うと、『同時に』『難民を生み出す土壌を変えるために貢献したい』
これ、論理的にどうつながってるんでしょうか?
ちょっともう、この人が何を考えているのか、全く分かりません。
そして極めつけは、結局質問にも答えてないという。。。

いつものこの人通りじゃん、と言えばそうなんですが、今回はそれが世界配信されちゃいました。
ロイターのタイトルは
Abe says Japan must solve its own problems before accepting any Syria refugees
『安倍はシリア難民受入の前に自分たちの国内問題を解決する必要があるって言ってるよ』って感じでしょうか。

まぁ、呆れるよね、そりゃ。

関連記事
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。