茶色の朝を迎えないために〜blog版

思考停止しないで考え続けたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ロイター呆れて世界配信

たまに記事を書かないと広告がすごいので、約半年ぶりの新記事投稿
と言っても本館に書いた内容とほとんど同じですが。。


2015年9月30日放送のTBSラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ」内でジャーナリストの北丸雄二さんが、安倍首相がアメリカでの内外記者会見で無茶苦茶な受け答えをしたというのを紹介されていました。

曰く、『ロイターが呆れて世界配信しちゃった』

どんなやり取りだったのか?政府インターネットテレビでそのものズバリの動画がありましたので、該当する部分を文字に起こしてみました。
シリア難民の日本での受け入れについて問われた安倍首相の答えは


そして、今回の難民に対する対応の問題であります。これはまさに国際社会で連携して取り組まなければいけない課題であろうと思います。
人口問題として申し上げればですね、我々は、いわば、移民を受け入れるよりも前にやるべきことがある。それは、女性の活躍であり、あるいは高齢者の活躍であり、そして出生率を上げていくにはまだまだ打つべき手があるということでもあります。
同時に、この難民の問題についてはですね、日本は日本としての責任を果たしていきたいと考えておりまして、それはまさに難民を生み出す土壌そのものをですね、変えていく為に日本としては貢献をしていきたいと考えております。

政府インターネットテレビ(http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg12412.html?t=103)

これを聞いた人の多くは頭にいくつも「?」が浮かんだのではないでしょうか。
『国際社会で連携して取り組む』と言った直後に『人口問題』になり『出生率を上げるのが先』という話までぶっ飛んだかと思うと、『同時に』『難民を生み出す土壌を変えるために貢献したい』
これ、論理的にどうつながってるんでしょうか?
ちょっともう、この人が何を考えているのか、全く分かりません。
そして極めつけは、結局質問にも答えてないという。。。

いつものこの人通りじゃん、と言えばそうなんですが、今回はそれが世界配信されちゃいました。
ロイターのタイトルは
Abe says Japan must solve its own problems before accepting any Syria refugees
『安倍はシリア難民受入の前に自分たちの国内問題を解決する必要があるって言ってるよ』って感じでしょうか。

まぁ、呆れるよね、そりゃ。

スポンサーサイト

PageTop

2014年12月16日 電源開発 永島氏 会見文字起こし

2014年12月16日に電源開発株式会社が大間原子力発電所の設置許可申請を原子力規制委員会に提出しました。
提出した電源開発の永島取締役常務執行役員のぶら下がり会見の様子がIWJのサイトで公開されていましたので、全て文字起こししました。

「2014/12/16 原子力規制庁、建設中の大間原子力発電所の審査申請を受理 ~フルMOX発電所として初めて」
(http://iwj.co.jp/wj/open/archives/214434)

会見の中で強調されたのはエネルギー基本計画です。
「重要なベースロード電源」
「再処理やプルサーマル等を推進する」
この文言を根拠に様々なところで様々なことが進んでいます。
一方、同じ基本計画にある
「原発依存度については、省エネルギー・再生可能エネルギーの導入や火力発電所の効率化などにより、可能な限り低減させる。」
についての動きは見えてきません。
そもそも基本計画でこの2つのことが併記されていること自体が大きな矛盾なわけで、
それを閣議決定した安倍政権は強く非難されるべきなのに、衆院選の結果は周知の通り。。


さて、会見でもっと突っ込んで欲しかったのは使用済み燃料の処理の話ですね。
大間原子力発電所はフルMOXなのですが、使用済みMOX燃料の処理については全く目処がたっていません。
そして
ゴミを処理するのは当然なことで、それをどう考えているのか?
という質問に対して、国が考えてくれるはず、という答えしか出てきませんでした。
なんというか、無責任ここに極まる感じです。

具体的にどんなやりとりだったか?は
全部文字起こししていますので、ここからご覧下さい

続きを読む

PageTop

2014年9月25日 山谷えり子氏 記者会見文字起こし

9月25日に山谷えり子国家公安委員長・拉致問題担当大臣が
日本外国特派員協会で記者会見をおこないました。
冒頭にスピーチをした後、質疑応答がありました。
NHKの記者だけ慰安婦問題の質問をしましたが、
それ以外はほとんど在特会やヘイトスピーチの質問。
全編通して見ると、このNHKの質問が浮く浮く。。
ちなみにこの会見について翌日9月26日の朝刊を調べましたが、
どの新聞にも会見自体触れられていませんでした。
調べたのは以下の6紙です。
読売(13S)、朝日(13版)、日経(13版)、毎日(13版)、産経(14版)、東京(11版S)

今回は、この質疑応答部分を全て文字に起こしました。
なお、元動画はYoutubeにあった
「国家公安委員長、拉致問題担当大臣 山谷えり子(2)」
(http://www.youtube.com/watch?v=zboPrGx89xo)です。
司会者が最初に30分しか時間がない、というようなことを言って始まり、約35分。
海外記者の質問は通訳が訳した日本語を文字にしています。


ちなみに私は、最後のTBSラジオ(ハセガワ氏)の質問でもっと山谷氏の答えを聞きたかったです。
「在特会はどんな団体という認識か?」という番組からの質問に
「同団体については、在日韓国人・朝鮮人問題を広く一般に提起し、彼等に付与されている特別永住資格の廃止を主張するなど、在日特権をなくすことを目的として活動している組織と承知しています」
と回答があったが、「在日特権」とは何を指しているのか?という質問だったのですが、
これに対する山谷氏の回答は
「おそらく在特会のホームページから引用したものをそのまま記しているのだろうというふうに思います」

こらこら、国家公安委員長が、ある団体がどういうものか?と問われて、
その団体のホームページを丸写しってあり得ないでしょ?

さらに周りから声が上がるのですが、時間切れで終了。。
なんでもっと早くハセガワさん質問しないかなぁ。

とにもかくにも本編はここからスタート

続きを読む

PageTop

2014年6月13日 田中知氏 ぶら下がり会見文字起こし

2014年6月13日に 
新しい原子力規制委員会委員である田中知氏のぶら下がり会見があり、
その動画がIWJのオープンコンテンツにあります。
「2014/06/13 原子力規制委員候補・田中知氏「再稼働は政府が判断すること」」
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/146357
(IWJのリンクのルールが分からないのでURLをコピーするか、タイトルで検索を)

この人がどんなことを言ってきたのか、
記録として残しておくことは重要なのでは?
ということで文字起こしを思いつきました。

しかし、まぁ、安倍首相以上に滑舌が悪いんです。。この田中さん。
その上早口でしゃべるもんだから余計分かりにくい。

田中氏が規制委員としてふさわしいか、ふさわしくないか、
という問題は(重要ですが!)さておき、
まず、人に説明するときはゆっくりはっきりと語るように意識して欲しいもんです。
実際、下のYoutubeで見られる学生さんからのインタビューみたいに
ゆっくりはっきりしゃべればちゃんと聞き取れるんですよ。。
(http://www.youtube.com/watch?v=Dm3PceMMH_Q)

とはいえ今回の会見はとても聞き取りにくい20分間でした。
ネットで検索しても全文を文字起こししている人は見つけられていないので、
ここが日本唯一かも??
(20140711追記)っと思ったら、おられました。すみません。。

まぁ、それはさておき、とりあえず頑張りました。
でも聞き取れない部分は残りました。その部分は「●●」としています。
他にも結構怪しい所がありますが、それほど大きく外してはいないと思います。
また動画中の時間も参考までに示しています。

では、はじまり~

続きを読む

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。